都市ガス
055-253-1341
LPガス
055-255-6650

プレスリリース

「地球温暖化対策のための課税の特例」による簡易ガス料金の引き上げ改定について

平成28年4月28日
東京ガス山梨株式会社

東京ガス山梨株式会社(代表取締役社長:高嶋 英一)は、「地球温暖化対策のための課税の特例(租税特別措置法 平成24年10月1日施行)」により「地球温暖化対策のための税」が石油石炭税に上乗せ課税されることに伴い、現行に比べLPガス簡易ガス事業小口部門のガス料金を1m3あたり0.57円(税込)引上げ(注1)ることを主な内容とする供給約款および選択約款の改定を、関東経済産業局長に2月19日に届出いたしました。この改定は平成28年5月1日から実施いたします。

「地球温暖化対策のための税」は、地球温暖化防止の観点から、エネルギーを利用する全ての方に、公平にご負担いただくことを目的とした税金で、平成28年4月1日から3段階目の引き上げが実施されるため、当社は、原料の在庫量などを考慮した上でLPガス簡易ガス事業小口部門のガス料金について平成28年5月1日から引き上げを行うことといたしました。これにより、標準家庭(注2)の1カ月あたりの簡易ガス料金は、6円(税込)の引き上げとなります。

当社は、ガスの販売拡大に伴う固定費の低減に加え、経営効率化によるコスト低減効果を織り込むべく、一層の取り組みを進めてまいります。お客さまには、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

  • (注1)石油石炭税の増税額は、現行の基準単位料金(税抜)に加算し、消費税を計算した上で小数第3位を切り下げするため、一部の約款の引き上げ幅で0.01円/m3の差が生じる場合がございます。
  • (注2)標準家庭ガス料金は、ご家庭1件当たり平均使用量/月(2015年平均)に基づき算定しています。
標準家庭のガス料金改定内容
1か月のご使用量改定額(税込)
11.0m3 6円/m3
  • 引き上げ額の算定=標準家庭における月間のガス使用量×1m3あたりの引き上げ額
    11m3×0.57円=6.27円(小数点以下端数切り捨て)

(その他)

  • 簡易ガス事業(LPガス)の供給約款、各種選択約款の料金表(6月検針分)につきましては、当社の店頭(本社:甲府市北口3-1-12)にて掲示しております。
このページのトップに戻る
このページのトップに戻る